ポーラ エステ

ポーラ・フェイシャルエステ物語

 

 

女性は朝から晩まで せっせせっせ!とスキンケアに励みます。

 

女性のスキンケア化粧品への1ヶ月平均投資金額は2,250円也〜。

 

若いお肌には投資はまだそんなに必要もない、15〜29歳は1,250円。アラサー・アラフォーと年代がアップするにつれてお肌への投資額は右肩上がり!一方、60〜64歳の年代では、投資金額が最も高く3,500円となっており、女性は還暦を過ぎてもお肌への活発な投資行動がうかがえます。お肌、スキンケアへのあくなき探求心には女性である限り続きます。

 

 

15〜74歳の女性1,800人にたずねたところ、76%が肌なやみがあると回答しています。

 

 

女性の肌のお悩みトップ3は 何と言っても「シミ」次に 「毛穴の開き」大トリは 「ほうれい線」ということ。さらに、年代別にみてみると、15〜34歳を中心とする若年層では「ニキビ・吹き出物」「肌アレがある」とこちらは定番でしょう!、「毛穴の開き」「毛穴の汚れ・つまり」といった毛穴に関するなやみが多くなっています。

 

一方、35〜39歳からは「シミ」が上位に上がり、45歳以上の年代では「肌にたるみがある」「シミ」「肌にハリがない」「ほうれい線」といった項目が多くなっています。年齢が上がるにつれて加齢にかかわる肌なやみが多くなっていることがわかりました。飛ぶ鳥を落とす勢いの小池百合子・東京都知事のスキンケア&化粧品はどうなっているのでしょうか?気になるところです。

 

 

ポーラ文化研究所が2016年に行なった最新調査から口紅に関するトピックスをご紹介しますね(注1)。

 

10代後半から70代前半の口紅を使っている女性1,102人に使っている口紅の色をたずねたところ、「明るいローズ系」と「明るいピンク系」が32%と同率1位でした。また、トーン(明暗)をみると、明るい色が上位に集中していることがわかります。

 

 

(注1)/本調査では「ベージュ系・オレンジ系・レッド系・ローズ系・ピンク系」の5つの色相を設定、さらに「明るい(淡い)・暗い」トーンに分けてカラーチャートを提示して質問しました。

 

【POLA】フェイシャルエステ トライアル

 

ポーラ生命科学研究の最先端の成果をあなたに!

 

 

肌は、何度でも生まれ変わります、人の目で、科学の目で、ポーラの顔エステは、日本女性の肌データ(お肌のビッグデータ)約1,680万件(25年間90代まで)の分析・研究を積み重ねてきたからこ その答えを今、あなたへ。

 

 

 

 

 

 

「ハリのなさ」や「たるみ」などの複合的なお肌の悩みに!

 

 

 

アペックスと連動した保湿集中ケアでもっちり弾力肌を目指します。

 

 

 

美肌を目指すために必要な保湿の基本ケアに、

 

 

 

3375

 

 

ご利用者さまの体験レポート

 

32歳女子

 

最終的に美白コースから選ぶことになり、一旦はAPEXスペシャルコースになりかけましたが、私が以前にBAローションを使っていてしかもBAの香りが大好きだったことを伝えると、同じBAの香りに包まれながら施術されるBAプレミアムコースはどうですかとおすすめされ.....。

 

実は来店前から、一番お値段高いけど
こちらのコースが気になっていた私、
背中を押された気分になりまして
喜んでこちらのコースにさせていただきました。

 

中略)

 

ずっしりと重みのある石膏を
顔全体にみっちり&デコルテまで
塗りつくしていただいて、10分ほど放置されますおおーっ!!

 

 

何だかひんやりして、
毛穴が引き締まるような感じもあり
重みはあっても心地よいパックです。

 

 

中略)

 

今回も、6回コースなどの契約で
いくらくらいお得になるかとか、
今契約すればつくオプションなど
丁寧に説明していただけましたが、
「少し考えてからでもいいですか?」と
言ってもにっこり笑って快諾。